膜厚は1〜2マイクロメートル(2/1000ミリ)で、品物自体に浸透させる為、寸法がほとんど変わりません。
品物の寸法精度が維持しやすいので、精密部品の表面処理に最適です。