黒染め処理をする品物をバケットに、まとめて入れる手法を基本的に採用しています。これにより時間短縮とコスト削減に繋がり、低価格を実現しています。

ただ、一般的にこの手法は品物と品物に接地面(接点)ができ、均等に溶液が行き渡らず、ムラになって、錆の原因や、光沢が綺麗に出ないというリスクがありますが、当社では、品物を入れる際の工夫を怠らず、品物と品物が当たらないように配置することにより溶液も行き渡り、接地面(接点)はもちろんムラなども出来ず綺麗な光沢が出るように常時努めております。

当社の黒染め処理は、キズがつかないように丁寧に取り扱い、お客様のご要望に応じた黒染め処理を行います。
取扱には品物ひとつから万全を期しますのでご安心ください。